会社案内Company

社長あいさつ

代表取締役社長 大川輝己

現在、石油業界は、かつて経験のない大きな課題に直面しております。
不安定な原油価格はもとより、製品需給のアンバランス、脱・化石燃料の動きと、経営そのものの見直しを迫られると言っても過言ではありません。
 原油価格は、日本経済に多大な影響を及ぼします。特に物流を担う運送業界におかれましては、企業存続にかかわる大問題であります。
 米国シェールオイルの本格的生産や中国をはじめとする世界的需要の減退などから大幅に下落しましたあと落ち着き、当面は大きく上昇することは考えにくいものの、不透明感は拭えません。
 当社では、軽油が総売上の8割超と圧倒的で、それだけにお得意様であります運送会社様とは運命共同体であります。
 一方、ガソリンは、ハイブリッドカーやEVの普及、そして昨今、燃料電池車が登場するに至り、今後も傾向的に需要が減少することは問違いありません。
 以上のことから、将来を見据えて、セルフ化だけではなく、様々な設備の高度化や運営形態の見直しを積極的に推し進めているところであります。
 当社は、従来より、「安定供給」「適正価格」「ご利用いただきやすい給油所ネットワークの提供」を社会的使命と考え、遭進してまいりました。
 山積する課題を克服すべく、これまで以上に社員教育(人格・実務)を徹底し、お客様に信頼していただき、末永くお取り引きいただける企業であり続けますよう、全社一丸となって取り組んでまいります。

代表取締役社長 大川輝己